交際クラブでのデート際の送迎ルール

交際クラブに関する情報を解説します

デートの時の送迎について

一般的な恋愛関係でもそうですが、デートの際には、男性が送迎をするというのが基本中の基本です。
こういった当たり前のことができていない男性は、女性からがっかりとされてしまい、恋愛対象からは除外されることになるのです。
デートの最中は楽しむだけ楽しんで、終わればさようなら勝手に帰って下さいでは、女性は自分は大切に扱われていないと思うことでしょう。

大切にされている事がポイント

女性が特定のパートナーがいても、浮気に走ってしまったり、不満を感じその関係を解消する時というのはどういう時でしょうか。
それは自分が相手にとって存在価値が低いと感じた時です。
私がいなくても何も問題がないのではないか。
こういった疑問を女性に感じさせた時点で彼女達は非常に高い不安や不満というものを感じるのです。
だったらより自分の存在価値を認めてくれる男性と一緒にいたいと思うのです。
これは大切にされていないと感じたということです。

相手が大切にされていないと感じる時

女性が大切にされていないと感じる時は様々です。
自分の話をしっかりと聞いてくれない。
デートプランがワンパターンで、明らかに楽しませてくれようという気持ちが感じられない。
こちらのペースも考えず、歩行速度を合わせてくれない。
褒め言葉を送ってくれなくなった。
愛情表現が減った。
記念日を忘れてしまっている。
この中に送り迎えをしてくれなくなったというものもあるのです。
ですから、女性をしっかりと大切に扱うという気持ちを忘れてはならないのです。

覚えておきたい送迎のルール

まして出会いの場をセッティングしてもらっているだけですから、その後に自分が望む展開になるのかは、女性の扱い次第ということになるのです。
ただし、交際クラブならではの送迎ルールがあるのです。
上記の場合は実際に恋愛関係を築いた男女間で起こる問題ですが、交際クラブの場合には、まだ恋愛関係をスタートするのかを決定していないということです。
ですから自宅に送るにも、自宅の付近までというのが暗黙の了解なのです。
これは登録している女性会員も覚えておきたいポイントなのです。