交際クラブの求人はシフト制が少ない理由

交際クラブに関する情報を解説します

シフト制が採用されていない理由

交際クラブの求人を見たことがある人はご存知かもしれませんが、ほとんどのクラブではシフト制を採用していません。
求人である以上、何時から何時まで出勤するといった情報は大切なことですが、なぜシフトというものを行っていないのでしょうか?理由はとても簡単で、交際クラブというのはお仕事ではないからです。
そもそも大人の社交場として出会いを楽しむのが交際クラブの目的となっています。
男女ともに異性との素敵なデートや時間を楽しみたいと考えている人が会員になっています。
その際、紹介料や交通費ということでお金を女性は受け取りますが、仕事の対価として金銭の授受をすることはありません。

サービス内容が勘違いされやすい

よく勘違いしてされるのが、接客業ではないのかという部分。
交際クラブは風俗やそういった類のものでは決してありません。
一般の男性・女性から会員を集めて、それを紹介するというだけのサービスです。
女性側には「何々をしてください」というノルマはありませんし、「何時にデートをしてください」というシフトも存在しません。
つまり交際クラブというのはお仕事ではなく、プライベートの一環だということです。
シフトがありませんから、女性の都合によってはデートができない日もあります。

プライベートだとということ

実際に会って、デートをしてみてフィーリングが合わなければそこで交際は終了ということになります。
もちろん、「会う」と決めたならばクラブ側としてはお約束を守ってもらうようにとお願いしてくることでしょう。
人と人とのことなので、決めたことは守ってもらいたいと思うのは当然のことです。
スケジュールを合わせて出会うまでは運営側が保証しますが、そこから先はプライベートの恋愛と一緒ということですね。
よってシフト制を採用するような交際クラブはほとんどありません。
逆にシフトでないことが、交際クラブの公正さや自信の現れともいえるのです。
交際クラブはお仕事や副業ではなく、あくまでもプライベートの会員制の集まりであることを覚えておきましょう。